男女共同参画推進のための講演会

実施日: 
2012.9.24

平成24年9月24日(月)に「女性のワークライフ」~ライフイベントと仕事・研究等の両立~というテーマで、同志社大学社会学部教授 藤本 昌代氏を招き講演を開催しました。
国内外の男女の労働状況に関する統計データに基づき、仕事や研究を維持しながら育児・介護をしている専門職の労働状況及び専門職組織の分析などについて説明がありました。
今まで私たちが「あたりまえである」と思っていたこと、例えば「北欧が男女共同参画のロールモデルである」や「育児の大変な時期は子どもが乳・幼児期である」などは、他のデータから見ると「北欧の女性の職場復帰は職場が限定されている」や「思春期の子供を持つ40代の女性が一番多く社会的役割を担っていて最も大変である」などと覆されます。このように、一方の側面からの概念(あたりまえの概念)が、私たちの社会の規範を構築しており、男女共同参画とはこの構築にチャレンジしていくことでもあるとお話されました。


開会にあたって
谷川男女共同参画推進室長
の挨拶

藤本講師の講演

質疑応答

【アンケート結果より出された意見】

  • リアリティがあり、わかりやすいお話でした。
  • 視点が良く、新たな発想が得られました。
  • 子どもさんが小さいころに子育てを十分楽しむということを教えていただき、とても参考になりました。仕事もとても熱心に取り組んでいらっしゃるので、お話を伺い元気を頂きました。ありがとうございました。
ページ先頭へ