男女共同参画推進のための県民参加のシンポジウムの開催

実施日: 
2013.8.19

平成25年8月19日(月)に本学臨床講義棟臨床講義室1において、本学主催、滋賀県教育委員会後援の「男女共同参画推進のための県民参加のシンポジウム」を開催いたしました。残暑が厳しい中、学外から18名、学内から50名、計68名の参加がありました。

本シンポジウムは、13時に馬場学長の開会の挨拶から始まり、第1部の基調講演においては、教育現場におけるジェンダー研究の先駆者である東京学芸大学学長 村松 泰子 先生を講演者にお迎えし、「女性は理系離れをしているか?」をテーマにご講演いただきました。

本講演では、まず、村松先生ご自身が、大学受験時に「化学」専攻志望を文系へと文転した経緯とその時の家族の支援状況について言及され、ご自身のジェンダーバイアスの体験から始まりました。その後、研究対象を「大学生・院生」、「公立中学校生徒」、及び「東京学芸大学学部生」の3つに当てたご自身の研究グループで実施された教育現場におけるジェンダー調査・研究を基にお話しいただきました。理系の高等教育を受けた女性の就職先が限られた時代には、理系を専攻する女子生徒はゼロに近かったため、その数が単純増加の傾向にあるのは当然であること、また、そのために、「理系女子が増えている」という印象が一般社会で先行しているが、理系を専攻する女子の絶対数は未だに男子に比べ低いとの指摘がありました。その要因の一つとして、家庭環境と中学・高校の教師が大きく影響しており、特に理系分野における男性教師数が多いことや「男子は実験、女子は書記」のような社会通念が性別に関する「隠れたカリキュラム」となっていると述べられました。理系女子を増やすためには、女性教員及び理系女子ロールモデルを増やし、理系女子へのメンタリングなどの必要性や、「理系」と「文系」の二分法的カテゴリーの再検討が必要との提案がありました。

14時20分より始まった第2部では、本学学長補佐(女性研究者担当)尾松 万里子 生理学講座准教授が座長を務めるパネルディスカッションで、まず、滋賀県立膳所高等学校数学教員 獅子堂 昭雄 先生及び英語教員 中川 咲子 先生より膳所高等学校の理系分野における教育内容などをご紹介いただき、その後同高等学校2年生 福留 千映 さん及び小林 颯平 さんから理系分野の選択の動機などについてお話しいただきました。本学看護学科4年 清原 麻衣子 さん及び医学科1年 石田 正平 さんからは、村松先生のご講演に関する質問などがあり、会場からの3名の質疑と併せ、活発な意見交換が行われました。

最後に、谷川理事より、今後理系を専攻する女子が増えることにより、科学立国である日本社会に良い影響を及ぼすであろうとの挨拶があり、15時40分に閉会しました。

 


開会の挨拶

会場の様子

村松先生による基調講演

パネルディスカッションの様子

質疑応答の様子

閉会の挨拶
ページ先頭へ