第1回あゆっこ交流会の開催

実施日: 
2013.8.23

あゆっこ交流会とは

有志の学生さん達の協力により、交流会を企画しました!本学学生さんと園児達との交流会により、園児達にとって楽しい体験と良い思い出作りになるかと思います。今後も定期的に開催し、交流会を充実させていきたいと考えています。今回は理科の実験のようなことが楽しめるおもちゃ作りをしました。

第1回あゆっこ交流会の様子

平成25年8月23日の午前9時30分~11時30分に第1回あゆっこ交流会を開催しました。

作ったおもちゃのご紹介

ペットボトルとお魚さん

「浮沈子」で検索していただくと、いろいろなサイトで作り方が紹介されているかと思われます。今回は魚型の容器に穴を空けて、画びょうを刺したもので、別の容器で「沈みもせず、全体が浮くわけでもない」くらいのところで調節したものをペットボトルの中にいれて、外から押して中の圧力を高めて沈むところを見て遊びました。時間内でうまくいかなかったお子さんもいらっしゃったり、また今日うまくいっても時間が経つと画びょうの劣化や水の出入りでうまくいかなくなったりすることもあるので、ご家庭で一緒に魚の容器の水やペットボトルの形状等工夫していただけると幸いです。
(ペットボトルは全体的に丸みのあり、多少張りのあるものが扱いやすかったです。マッチやCCレモンの500ml容器は、お茶やミネラルウォーターのペットボトルより楽でした)

スーパーボール

「ポリビニルアルコール」で検索していただくと、作り方が出てくると思います。いわゆる洗濯のり(ポリビニルアルコールが主成分のもの)を容器に入れ、食塩を洗濯のりの量の三分の一くらいの体積で多めに入れると、塩析でポリビニルアルコールだけ樹脂として取り出して塊ができるので、ティッシュペーパー 等で水分を切って丸めるうちに、ある程度の丸みのあるボールのようなものができました。
乾燥させると軽く投げて遊べるボールが作れます。また、洗濯のりに食塩ではなく、ホウ砂(ドラッグストアでも売っています。)の量を調節しながら入れると、いわゆる「スライム」も作れて、絵の具等を混ぜながら、色つきで遊ぶことができます。

ページ先頭へ