女性研究者研究活動支援事業シンポジウム2013への参加

実施日: 
2013.11.11

文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」
シンポジウム 2013 ―世界で活躍できる理系女性研究者の育成―

このシンポジウムは、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」に採択された大学及び研究機関の関係者が参加、交流するために毎年11月に文部科学省主催、独立行政法人科学技術振興機構協力により開催されるものです。本年度は、約80の国立、私立、公立大学及び研究法人の参加がありました。
まず最初に行われたポスターディスカッションでは、各参加大学の活動状況を掲示ポスターより情報収集すると共に、女性研究者支援担当者との情報交換をする機会となりました。

次に行われた分科会では、本学は医学系機関のグループに参加しました。そこでは、4つのテーマについて意見交換が行われました。

  • 国際的に活躍する女性研究者の採用(女性限定テニュア教員公募、女性限定テニュアトラック制度、国際公募など)
  • 女性研究者の研究力の強化、意識改革(メンター制度、ロールモデル、ネットワーク構築等)
  • 離職回避(両立支援、コミューターカップル支援など)
  • 復職支援

午後からは、本事業についての成果及び日本政府の政策について文部科学省より説明があり、引き続き「国際的に評価される研究とキャリアをめざして」と題して郷 通子 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 理事の基調講演、「参加することと継続すること-そのためのしかけ」と題して東京都市大学 北澤 宏一 学長による特別講演が実施されました。
その後、郷理事、北澤学長ら、全6名のパネリストによるパネルディスカッションが実施されました。パネルディスカッション終了後は、翌日に開催予定であった「日中韓の女性研究者によるパネルディスカッション」のパネリスト2名によるプレゼンテーションも行われ、盛況のうちに終了しました。


ポスターディスカッションの様子

会場の様子
ページ先頭へ