【全国保育サービス協会】ベビーシッター派遣事業

本学に在職する職員の方々が就労のためにベビーシッターサービスを利用する際の料金(会費、交通費、キャンセル料、保険料等除く)の一部を助成するものです。本学では、公益社団法人全国保育サービス協会が行っている「ベビーシッター派遣事業」に申請し、この割引券を発行します。

利用対象者

滋賀医科大学の教職員であり、乳幼児の保護者であること

  • 非常勤職員の場合は、社会保険加入者に限る
  • 配偶者の就労・病気療養、求職活動、就学、職業訓練等により、又はひとり親家庭であることにより、サービスを使わなければ就労すること(職場への復帰を含む。)が困難な状況にあること。

対象児童の年齢

0歳~小学校3年生(健全育成上の世話を必要とする要件に該当する場合は、小学校6年生まで)

割引金額

1日(1回)につき1家庭2,200円
 ※・1日(回)につき1家庭1枚、1か月24枚、年間280枚まで。「職場復帰」のために利用する場合は、さらに年度内4枚まで
  ・1回につき2,200円以上のサービスを対象とする。会費、交通費、キャンセル料、保険料等の付随する料金は含まない

対象となるサービス

  • 家庭内における保育や世話及びベビーシッターによる保育所等や認可外保育施設(以下「保育等施設」という。)への送迎に限る
    ※家庭と保育等施設との間の送迎であって、保育等施設間の送迎ではないこと。また、 同一家庭以外の複数の乳幼児等を同時に送迎するものでないこと。
  • 「職場への復帰」のために利用する場合は、義務教育就学前の児童の育児のための利用

割引券取扱事業者

公益社団法人全国保育サービス協会が認定したベビーシッター事業者に限る
 ⇒割引券取扱事業者の一覧はこちら(全国保育サービス協会HP)から

割引券利用の流れ

その他注意事項

  • 割引券取扱事業者との利用契約が済んでから発行申込をすること(※初回発行申込時のみ、契約書の控えの写しを男女共同参画推進室まで提出)
  • 割引券が必要でなくなった場合、または年度内に余った場合は、男女共同参画推進室へただちに返却すること
  • 割引券を使用したことで受けた割引金額はすべて収入となるため、「雑所得」として確定申告を行うこと

 ※割引券使用の際は、割引券裏面記載の【注意事項】をご確認ください

関係書類

 

ページ先頭へ