女性研究者支援室等の設置・整備

1)組織立ち上げ、活動開始

  • 学長補佐を新たに置き、男女共同参画推進委員会に女性研究者支援専門委員会を、男女共同参画推進室に女性研究者支援チームを設置し、女性研究者が研究等を継続するためのキャリアサポートや育児をサポートする事業を実施する。
  • 学長補佐1名、女性研究者支援コーディネータ1名、女性研究者支援員2名と事務補佐員2名を配置する。
  • 学長補佐は学長の命を受け、実施責任者として女性研究者等の支援を積極的に推進する。
  • 女性研究者支援コーディネータは支援事業に関する企画・運営及び学内外関係者との連絡調整、女性研究者からの相談やアドバイス等を担当する。
  • 女性研究者支援員は支援事業の運営補助及び女性研究者が育児等のため研究等に従事できない時間の研究補助や講義の準備等を支援する。
  • 女性研究者支援コーディネータはメンターとしての役割も兼ねることとし、可能な限り本学を退職した女性研究者とし、女性研究者支援員は本学大学院生等から採用する。

2)相談窓口の設置とメンター制度の構築

  • 若手女性教員や育児中の女性教員が直面する問題を気軽に相談でき女性職員の孤立化を防ぐため、相談窓口を設置する。
  • 研究生活や日常生活上で研究者が抱える悩みや問題については研究とライフイベント(結婚、子育て、介護など)との両立などについて同様の経験を乗り越えてきた先輩研究者(メンター)から、アドバイスを受けられるシステムを構築する。
ページ先頭へ