【全国保育サービス協会】令和4年度内閣府ベビーシッター派遣事業

 本学に在職する職員の方々が就労のためにベビーシッターサービスを利用する際の料金(会費、交通費、キャンセル料、保険料等除く)の一部を助成するものです。本学では、公益社団法人全国保育サービス協会が行っている「ベビーシッター派遣事業」に申請し、この割引券を発行します。(令和4年度より電子割引券のみの発行。)

利用対象者

■滋賀医科大学の教職員であり、乳幼児の保護者であること。(非常勤職員の場合は、社会保険加入者に限る。)
■配偶者の就労・病気療養、求職活動、就学、職業訓練等、またはひとり親世帯であることにより、サービスを使わなければ就労すること(職場への復帰を含む。)が困難な状況にあること。

対象児童の年齢

■0歳~小学校3年生までの児童(健全育成上の世話を必要とする要件に該当する場合は、小学校6年生まで)
※健全育成上の世話を必要とする要件は、①身体障害者の手帳の交付を受けている場合、②療育手帳の交付を受けている場合、又は
③前記①・②と同等程度の障害を有すると認められた場合のいずれか。

利用条件

■家庭内における保育や世話及びベビーシッターによる保育所等や認可外保育施設(以下「保育等施設」という。)への送迎に限る。
※家庭と保育等施設との間の送迎であって、保育等施設間の送迎ではないこと。また、 同一家庭以外の複数の乳幼児等を同時に送迎するものでないこと。
■「職場への復帰」のために利用する場合は、義務教育就学前の児童の育児のための利用とする。

割引金額

■1日(回)対象児童1人につき2枚、1か月に1家庭24枚までとする。(例 きょうだいが2人の場合、1日4枚)
■1回につき1枚あたりの割引金額は、2,200円以上のサービスを対象とする。
■会費、交通費、キャンセル料、保険料等の付随する料金は含まない。

利用方法

ご利用希望の方は、人事課男女共同参画推進係/男女共同参画推進室(hqdanjo@belle.shiga-med.ac.jp/内線#3599)までお問い合わせください。
電子割引券画面操作マニュアル(利用者向け)

割引券取扱事業者(ベビーシッター事業者)

公益社団法人全国保育サービス協会認定
割引券等取扱事業者(ベビーシッター事業者)一覧

注意事項

割引券利用が可能なベビーシッター事業者を利用の上、利用料金の支払いにあたっては、必ず領収書を受け取り、保存してください。(割引券発行までの間は、利用料金全額をお支払いいただく必要があります。)割引券の交付後、お勤めの企業から受け取った割引券URLより利用日時等の必要事項を入力し、利用したベビーシッター事業者へ領収書を提出することで、割引額の返還を受けることができます。

ページ先頭へ